魅惑のカンポットペッパー

今年はコロナの影響で渡航できませんでしたが、普段は毎年のようにアジアに旅に出かけ、いろいろな香りと出会っていました。
そんな旅で出会った魅惑のスパイスについてのお話です。

私はアジア旅行が趣味で良く海外に行きますが、毎年行くと決めていた国はカンボジアです。
カンボジアでの香りの思い出と言えば、「世界一おいしい胡椒」と言われている「カンポット・ペッパー」が有名です。
カンポットペッパーは、カンボジアのカンポット州だけでしか栽培されていない特別な胡椒で、香り立ちが良くはっきりとした風味と辛味があり、最初に食べたときは衝撃的でした。

カンボジアのお土産は胡椒が定番なので、スーパーやお土産店などいたるところで胡椒が販売されていて、種類も多くホワイトペッパー、グリーンペッパー、ピンクペッパー、レッドペッパー、生の胡椒なども販売されているので、もしカンボジアに行く機会があったら、いろいろ見てみて下さい。

ブラックペッパーやピンクペッパーの精油は、香水のトップノートのアクセントによく使用されています。

最高の香りを調香するには最高の原料を使用しなければ、実現出来ないと言われているので、いつかカンポットペッパーの精油で調香してみたいと夢見ています。

執筆者のご紹介

ワタナベ

Watanabe

イーストブルーの猛者 調香室期待の眠れる獅子。 座右の銘:「一石二鳥」 …

この記事の関連タグ

あわせて読みたい

宇宙

2021.04.13

宇宙の香り

銀河系調香師「The SUN」 天気の良い日にしっかりと干されたお布団へ…