コーポレートセント

Corporate Scent (企業や店舗イメージを象徴する香り)
嗅覚を利用した新たなブランド戦略

コーポレートセント(Corporate Scent)は、日本では未だ余り馴染みのない言葉ですが、欧米ではかなりポピュラーな言葉で、シグネチャーセント(Signature Scent)とも言われる“香りを使ったイメージ戦略”のことです。
商店が、ホテルが、そして企業が、自社を象徴する印象に残る独自の香りを作り、店内やロビー、待合室などでその香りをさりげなく流して、自店を、そして自社を、訪れたお客様の記憶に留めさせる戦略です。
20年以上も前に、Corporate Identity (CI)と言う言葉がアメリカから入って来た時、CIと言う言葉が非常にもてはやされ、企業が先を争ってロゴタイプを作った時期がありましたが、今ではすっかりCIも定着し、社名の前に企業ロゴを付けるのがあたり前となり、誰もことさらCIなどと言わなくなってしまいました。同様に、いずれ日本でも、このCorporate Scent (CS)があたり前となる日が来るものと確信しています。

お問い合わせはこちら

コーポレートセント

-Westin Hotel-

世界的なホテルチェーン“スターウッズ” グループに属するWestin Hotelは「White Tea」と言う名の香りを、そして「Sheraton Hotel」は「Open Sky」と言う名の香りを コーポレートセントとしてロビーで流しています。日本の上記ホテルでも同じ香りを流してますので、是非一度訪れて、香りを嗅いでみてください。

香り+音

コーポレートセント/香り+音

プロモツールは単に香りを使った演出や、コーポレートセントの製作を請負うだけでなく、香り+音も請負います。

また、緑の演出については、この分野のパイオニア企業「東邦レオ株式会社」と組んで、「香り+緑」を提案させて頂きます。

コーポレートセント活用例

「香り+緑」

JR熊谷駅壁面緑化+香り(東邦レオ様施工)

香り+音に関するお問い合わせはこちら